試合結果

0

天皇杯2回戦 3-0でヴェルスパ大分に勝利

ガンバにとって天皇杯の初戦、ヴェルスパ大分は下のカテゴリーの相手に前半0−0とフラストレーションの溜まる内容でしたが、後半何とか3点取って無事に勝利!3回戦にコマを進めました。

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦。ガンバ大阪の初戦は、JFL・ヴェルスパ大分。リーグ戦の間に開催されていることもあり、コンディションを優先したメンバー編成になり、井出・市丸が初出場。そして、日本代表の試合で脳震盪になった井手口も復帰。
試合開始直後から、ガンバがボールを支配する。だが、5バックで守り、それ以外の選手もペナルティエリア前に張り付くV大分を前に、ゴール前にボールを入れることが出来ない。V大分にシュートを打たせることは無かったが、ガンバは14本シュートを打つもネットを揺らせずに前半を終える。
後半に入っても同じ展開が続くが、得点が動いたのは58分。左サイドから初瀬のクロスに呉屋と競り合ったDFがヘディングでクリア仕切れず、オウンゴールでガンバが先制点を挙げる。その後、ややV大分にボールを持たれると、70分にはピンチを招くが、DF陣が戻ってゴールを守る。ガンバは72分に呉屋・井出に代わり、長沢・藤春をピッチへ。直後には、V大分にGKと1対1の場面を作られたが、このシュートは枠を外す。後半、4バックに変更し、前線からプレスをかけてきたV大分がゴールを狙ってくるが、84分には右クロスのこぼれ球を拾った泉澤が落ち着いて追加点を決める!88分にも初瀬のクロスがそのまま入り、3点目が決まり試合終了。初戦を突破した。

 

 

ネットの反応

1点目


 
2点目


 
3点目

 


 


 


 


 


 
 
3回戦は7・12(水)にジェフ千葉との対戦です。

このエントリーをシェア


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新エントリー