試合結果

0

ルヴァン杯準々決勝1stレグ ガンバは神戸とスコアレスドロー


タイトルを目指すガンバはルヴァンカップ準々決勝1stレグ、アウェイ神戸との1戦。
代表で東口、三浦、井手口が抜ける中、藤ヶ谷、金、市丸がスタメン起用。さらに泉澤、米倉を先発で起用とリーグ戦とはメンバーを変更して挑む。

 ホームで得点したい神戸はFWルーカス・ポドルスキを中心にG大阪ゴールに迫った。しかし同16分、ポドルスキが左DF橋本和とのパス交換から左足シュートを放つが、DFファビオに当たったボールが左ポストに嫌われるなど、先制点は奪えなかった。

 後半も均衡状態は続く。G大阪はベンチスタートさせていたFW長沢駿やFWアデミウソンを投入してアウェーゴールを目指すが、同34分のMF倉田秋のシュートがGK徳重健太の手を弾いてポストを叩くなど、こちらも決めきることが出来ない。

 後半44分には神戸がポドルスキが左サイドから打ったシュート性のボールをMF小川慶治朗が押し込み、ついに均衡を破ったかに思われたが、オフサイドで取り消し。試合はこのままスコアレスで幕を閉じた。
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?224845-224845-fl

 

 

Twitterの反応


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 
 
この試合の終盤、ロスタイムに入ってから遠藤選手が投入されました。
 


 


 


 


 
 
 
アウェイゴールが奪えなかったのは残念ですが、負けてないならOKでしょう。
次戦、2ndレグで勝てば準決勝。わかりやすくてよい。
勝て勝て勝て勝てホームやぞ!!

このエントリーをシェア


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新エントリー